小さな会社の情報活用術ロゴ

お問い合わせ

中小企業や専門店の人材確保はこれからも難しい状況が続きます。大卒社員は専門分野の知見を活かし「新しいモノやサービス」を生み出す創造力と実行力が必要です。新聞de元気山口編集La★boは、ビジネス編集力を伸ばすサービスを通して「販促活動」と「人材の潜在能力開発」を実現します。

中古パソコンなのに永久サポート&永久保証付で安心の中古パソコンが常時5000台在庫あなたのライフスタイルに最適なノートPCがあります。 新品時の1/10の価格で中古PCが買えます。もちろん保証&サポート付 デジタルドラゴン

ビジネス編集力と編集力

プロの編集のスキルはビジネス編集力の基本

情報を編集するスキルは、営業活動や組織運営、問題解決やソリューションモデルを企画する基本のスキルです。 ただし1つ、「立ち位置」の違いによって編集する情報にニュアンスの差が生まれます。その差とは「客観性」です。
販促企画に欠かせない広告やDMやWeb情報、そしてプレゼンテーションなどがあります。前者はプロが関わる可能性がありますが、プレゼンの多くは当事者が情報を組み立てます。客観性とは、情報編集時に思い入れがない第三者が関わることで鮮明になりやすいものです。
PC編集が一般的になり、情報の多くを当事者が担うようになりました。そこで「客観性」を意識した編集が求められるようになっています。客観性を担保するために「根拠」が求められることから、論理的思考法も注目されているのです。

「現状・時系列・可能性」をポイントに整理

「客観性」を意識することで、情報を共有化することが容易になります。ビジネス編集力とは営業現場とPC画面上の両場面で、「現状認識」「時系列認識」「関連性から可能性を描く」ことです。現場では論理的整理された経験の積み重ねから、PC編集では将来の可能性を意識しながら図を使って検証することによって方向性も見えてきます。現場との関わりの中でシナリオを展開するスキルがビジネス編集力です。

INFORMATION

2017-08-01
営業訪問先がない、集客アイデアがないなどコミュニケーションに関わる情報はこちら! 営業力を鍛えるビジネス編集力
2017-08-01
新聞de元気job-netを開設しました。マスコミへの転職や就職を応援するサイトです。 周囲のライバルから一歩前に出てアピールするために必要な論理的思考力や、現場での応用方法を紹介しています。 取材現場とマーケティングの現場を知る元新聞記者が「論理を見える化」して実践に使える情報として発信します。
2017-08-01
新聞de元気のオリジナル情報論は「新聞記事の構造図」から成立しています。新聞記事の構造を知れば、インタビューはもちろん、問題点や課題の解決手法、コーチングなど情報を「見える化」して理解することができます。 基本図はこちらのサイトに掲載
Newsバナー

◎特集ページはは随時、こちらで記事を追加しています。
  作文テクニック・論理的思考法など関連記事→特集記事

創造力 経費削減 労働時間短縮

販促企画・広報宣伝計画及び販促情報編集サポート

インタビュー

企画は「おもいつき」のようなイメージがありますが、「おもいつき」や「ひらめき」も基本ロジックや課題が認識されていなければ何気ない動きに反応することはありません。たとえば、課題を3つの項目に分けて考える習慣をつけておけば、2つは明確だが「もう1つの整合性が明確でない」という意識を持って少し気分を変えることができます。他の行動に目を移していると、意外と新しいヒントが生まれてくるものです。

「思い・構想」「会議内容」情報をA4×1枚の図解資料にするサービス

論点

トップやプロジェクトリーダーは「構想」を持っています。その考え方を共有するためには、整理して伝えることが基本です。まず、構想を論理的に整理して再確認すると同時に、関係者と共有できる図解資料を作成します。資料と考え方、関連資料を客観的に「見える化」します。

Web活用モデル構築サポート

会議運営

Webサイトは重要な販売支援システムですが、サイトの公開だけで売れる時代ではありません。ただし「情報」を詳しく掲載するメリットがあります。「売ろう」という発想から、きめ細かな情報提供を継続することでネットワーク化を実現するために活用できるという大きな特徴があります。情報のあり方から運用までの流れを整理することが重要です。

大人の思考空間めるまが 宇宙の果てはどうなっているの? こちらで紹介

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

中小企業や個人事業主の経理・会計を大幅に簡単に!

ビジネス編集力と編集力

小さな会社は人材の能力開発で大きく伸びる

人手不足感が高まり、中堅企業でも大学卒の採用が難しい時代となっています。しかし、高卒と大卒の大きな違いは「専門知識」の有無だけです。
たとえば、製品開発であれば「高度な知識」を持つ人材がいればまったく新しい製品も生み出すことができます。しかし、高校でも専門課程で学んでいれば「工夫を加える」ことで進化した製品を開発することが可能です。

営業活動のビジネス編集力を育てる

営業活動も同様で、MBAレベルの知識は「有る」に越したことはありませんが、小さな会社は「創造性の高い人材」に育てることのほうが現実的な対応策です。学歴に関係なく、「創造力」や「工夫」を生み出す能力は引き出すことができます。
専門分野の知識に加えて、ビジネス編集力を伸ばす人材活用術も考えてみましょう。

  • 資金調達
  • 人材育成
  • 経費削減
  • 外部資源の活用
  • 人脈の構築

関連事業リンク

ページのトップへ戻る